【入社祝い金】ダイハツで期間工ではなく派遣社員として物流で1年間働いた感想

この記事の内容

・職場の年齢層

・派遣社員として働き始めるまでの流れ

・寮の様子

 

ダイハツで1年間派遣社員として働いた男性の体験談、評判です

給料も良く入社祝い金もあったため1年間でけっこうお金が貯まったそうです

 

派遣会社から自動車の工場に行っていました

働こうと思った動機はかなりの高収入ぶりが目に留まったからです。

派遣先はダイハツで勤務期間は約1年でした。

スポンサーリンク

大手メーカーの期間工・期間従業員の求人特集

「期間工セレクト」の情報をチェック

現在募集しているメーカーはどこ?

面接ではやる気を見せました

面接時の服装は、ワイシャツにスラックスという格好でした。

志望動機は、以前から自動車業界に興味があったからと伝え、何とか御社の力になりたいという意思をきちんと伝えました。

面接では主に健康状態や過去の職歴などを聞かれました。

あと体力的に問題はないか、という質問もありました。

特に難しい質問はなく、確認作業という感じでした。

面接で気を付けた事は、マイナスになる事は一切言わないという事です。

とにかくやる気や意欲を前面に出すことを心掛けました。

また服装も大事です。

特にスーツまでは必要はないでしょうが、あまりラフにならない程度で、最低限の身だしなみを心掛けました。

1年間働いて150万円貯まりました

収入は、月収が約34万円ほどで、入社祝い金も30万円以上ほどもらいました。

貯金は、寮もありあまり外出しなかった事もあり、1年間で150万円ほどできました。

派遣社員でも入社祝い金がある場合と無い場合があります

 

運搬の作業をしていました

仕事は物流部門でした。

各部品メーカーから入荷してくる品物が伝票と一致しているか確認し、検査が終了した部品を各生産ラインに次々と運搬していくのが主な仕事でした。

初めは品物の多さに戸惑いがありましたが、2週間ほどで慣れることができました。

職場の人間関係は、派遣社員という事で正社員からはやや距離があるように感じました。

こちらからもあまり話しかけなかった事もありましたが。

工場ではそこまで周りと関わるって感じの人間関係じゃないですね

 

年齢層は幅広かったです

職場の年齢層は20代の若者から、上は50代の人がちらほらいたという感じでした。

寮は非常に清潔で新しく、空調付きの個室が用意されました。

浴場も広くて食堂もあり、快適に過ごせました。

休日は、時々遊びに行く程度で、主に寮で過ごしました。

周辺はコンビニなど最低限のものはありましたが、中心部までやや距離があるという事もあり、あまり出歩きませんでした。

派遣社員で働いてのメリットとデメリット

働いて良かった事は、やはり高収入が得られたことです。

また自動車の製造の過程を間近に見ることができるという、なかなかできない体験も貴重でした。

悪かった事は、やはり体力的にややきついです。

特に夏場は大変な負担でした。

また単純作業系でしたので、特別な技術はほとんど身につきませんでした。

そうですね、あまりスキルは付かないです、お金を稼ぐための手段と割り切りましょう

 

派遣社員を検討中の人へは、まず自分の体力面を確認してみる事をお勧めします。

・年齢は10代から50代と幅広い

・2週間で仕事に慣れた

・派遣社員も入社祝い金がある場合がある

ダイハツの期間工・派遣社員の求人情報を見てみる

アウトソーシングで求人情報を見る

工場求人ナビで求人情報を見る

工場ワークスで求人情報を見る

ダイハツは池田工場(大阪府)、滋賀工場、京都工場が生産拠点になります、またダイハツ九州は中津工場(大分県中津市)になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました