フリーターから自動車部品の工場の組立てを2年間やりました(30代男性)

ニートから期間従業員になる方も多いですが今回は高校卒業後30歳までフリーターをしていて自動車部品の工場で派遣社員となった男性の体験談です

アパートで一人暮らし、月収25~30万円、30歳でも若い方だったそうです

 

私は高校卒業後は長い期間フリーターとして生活していましたが、30歳の時に自動車部品工場の派遣社員の募集の求人を見つけました。

派遣される工場は大手自動車メーカーのホンダの下請け会社の自動車部品メーカーの八千代工業という会社でした。

派遣社員の面接はどんな感じ?

最初に派遣会社に登録して面接の時に志望理由などを聞かれたら自動車に少し興味あると答えました。

それで面接は比較的和やかな雰囲気で終了して派遣会社の登録手続きが終了したら今度は派遣先の八千代工業に行って工場見学をしました。

それで八千代工業の社員の方にいろいろ説明をいてもらい数日後に勤務開始という形になりました。

組立ての仕事に2週間で慣れた

八千代工業は車のガソリンを入れるタンクやサンルーフなどを製造している会社で組立課や溶接課などがありました。

私は組立課に配属されて車のガソリンを入れるタンクの組立ライン作業の仕事をする事になりました。

私が配属された職場は1勤が7時から16時、2勤が16時から1時という勤務時間で1週間ごとに交代する2交代制勤務でした。

そのため日1勤から2勤の変わる時の休みの日に体調を整えておく必要があったので慣れるまで1ヶ月以上かかりました。

また仕事内容はラインの工程に入っての作業となりボルトの締め付けやチューブの差し込みなど比較的単純な作業の繰り返しでした。

私はコツコツやる仕事は基本的に向いているので作業に関しては1~2週間ぐらいで慣れました。

30歳の自分は若い方だった

私の配属された職場の年齢層は40代~50代が多く30歳の私は若い方でした。

また30代の正社員の人も2人ぐらいいてその人達と年代が近いので仲良くさせてもらいました。

休憩時間になると休憩室でみんなで休憩する形になりますが、年代関係なくみんな仲良く会話していたので職場環境は良かったです。

k003

給料、そして貯金はできましたか?

給料は夜勤手当、交代手当、残業手当などが付いたので月収25~30万円ぐらいでした。

そのため他の企業の正社員の給料とそれほど変わらないので待遇は良く貯金も50万円ぐらいする事が出来ました。

また休みは基本的に土日でしたので時々学生時代の友人と飲みに行ったりもしていました。

私は八千代工業まで自転車で15分ぐらいの場所にアパートで一人暮らしをしていたので寮には入っていませんでした。

そのため寮の環境は分かりませんが、住んでいたアパートはインターネット環境が整っていたのでインターネットは利用する事が出来ました。

職場での人間関係は良い?

私が派遣された八千代工業はライン作業でしたのでみんなで車のガソリンを入れるタンクを組み立てていくという仕事でした。

そのため他の社員とコミニケーションを取る機会があったので自然と仲良くなる事が出来ました。

そのためこの仕事を2年間続ける事が出来てしかもお金も溜まったのですごく満足しています。

しかし工場の中なので夏は暑く冬は寒かったのでもう少し空調の数を増やしてほしかったとは思いました。

自動車部品メーカーの工場で派遣社員として働く場合は基本的にライン作業の工程に入って作業をするという形になります。

そのため地道にコツコツ仕事をするのが得意という人は向いていますが、合理的に仕事をしたいという人にはあまり向いていないかもしれません。

・年齢層は40~50代が多かった

・2交代制勤務に慣れるのに1ヶ月かかった

・作業は1~2週間で慣れた



工場系の派遣社員の仕事を探すなら工場系シゴト情報求人サイト「工場求人ナビ」