きつい?派遣社員で半導体製造装置のオペレーターを5ヶ月間やりました

この記事の内容

・派遣社員として半導体製造で働くまでの流れ

・仕事に慣れるまでの期間

・お金が貯まらなかった理由

 

今回は派遣社員として半導体製造の工場の仕事をしていた男性の体験談です。

仕事の内容は特に難しいこともなくちゃんと出勤していれば慣れたそうです

 

派遣会社から派遣先の大企業の半導体関連会社で派遣社員として働いていました

働いていた期間は5か月です

志望動機は「お金を貯めたいから」と書きました

派遣会社の登録は私服で行きました。カジュアルな服装で行きました。

志望動機はお金を貯めたいからと言いました。

面接では、どれぐらいの期間働けますかと聞かれて、半年ぐらいですと言ったぐらいです。

人手不足だったようで、すぐに入社が決まりました。

面接では、職歴や、応募した理由などを聞かれました。

派遣社員は比較的にすぐに仕事が見つかりますね

 

あなたが面接で気を付けていたこと

特に問題なくスムーズだったと思います。

特にありませんでした。

給料は全部使いました

給料は月に20万ぐらいでした。

仕事内容に比べたら、いい方だと思います。

入社祝い金はありませんでした。

貯金はほとんどできませんでした。

食費や遊ぶお金に使ってしまうことが多かったからです。

作業は半日でわかりました

半導体の製造になります。

工場は単純な作業が多いので、半日ぐらいでなれました。

単純作業ですからけっこう慣れるのは早いですね

 

仕事内容は、主に、半導体の部品の移動と、きちんと半導体をロボットが製造をしているのかという内容でした。

トラブルが起きたら、ロボットや半導体のメンテナンスなどをするという内容でした。

工場なので、性格のきつい人が多かったです。

ただ、仕事をしていれば、お金はもらえました。

毎日ちゃんと出勤していれば給料はもらえます

働いて良かった点は、給料が良かったことですね。

きちんと毎日働いていれば、大体好きなものは買えると思います。

悪かった点は、体力的にきつかったです。

大事な部分は、きちんと毎日仕事に行くという部分でしょう。

毎日行っていれば仕事にも慣れると思います。

・仕事の内容自体は半日で理解できました

・とにかくちゃんと出勤していれば慣れた

・派遣会社の登録は私服で行きました

コメント

タイトルとURLをコピーしました