期間工の入社祝い金が稼げる派遣会社を比較して調べる方法

 

期間工は派遣会社を経由して応募して応募すると入社祝い金をもらえる場合があります

多くの人が入社祝い金をもらうために派遣会社を経由して期間工に応募しています

簡単に言えば派遣会社は2つの業務を行っていて

A メーカーに派遣社員を派遣する業務

B 直接雇用を希望する求職者をメーカーに紹介する業務(有料職業紹介)

Bの有料職業紹介の方で期間工を紹介しているからです

参考記事 【なぜもらえる?】期間工の入社祝い金の仕組み、からくりとは


デメリットはある?

派遣会社を経由して期間工に応募する際のデメリットとしては派遣会社に登録して1回面談する分の手間ということになります

参考記事 直接雇用の期間工に派遣会社経由して応募するデメリット

※入社祝い金、待遇などは変更される場合があります、最新の情報は求人情報で確認してください。

最新の入社祝い金のまとめて確認はこちらから大手メーカーの期間工・期間従業員専門の求人専門情報サイト

おすすめの派遣会社は?

派遣会社の入社祝い金は正直、横並びになりがちです

そんな中でも比較的基準となるのが期間工の大手専門求人サイト、期間工.jp(アウトソーシング)と工場系の求人の大手、日総工産です

この2社を中心になっています

どこの入社祝い金が高いかを調べるのは検討している企業をその2社を中心に調べてみましょう

期間工.jp(アウトソーシング)

2018年度の利用者が3850名と業界トップクラスで期間工を検討している方の多くが利用している期間工の専門求人サイトです

掲載メーカーも大手自動車会社などを中心に40社以上あります

製造業の雇用に精通したコーディネーターがサポートしてくれます

期間工.jp(アウトソーシング)

日総工産(工場求人ナビ)

工場、製造の求人情報の大手サイトです

全国各地の製造業系の求人が数多く掲載されています、また期間工だけではなく派遣会社の求人情報も掲載されています

製造業の大手人材サービスの日総工産が運営

工場求人ナビ(日総工産)

e仕事(日研トータルソーシング)

e仕事は工場・製造業求人に特化した求人サイトになります

日本全国の求人情報を掲載されています

日研トータルソーシングが運営

e仕事(日研トータルソーシング)

工場ワークス

工場ワークスは工場、製造系の求人情報サイトです

上記までのその派遣会社が運営するサイトと違い色んな派遣会社の求人情報が掲載されています(例 Man to Manなど)、工場系の総合サイトのような感じです

また派遣の求人も多いです

工場ワークス

求人情報の注意点

期間工の入社祝い金を調べる時に注意して欲しいのは「雇用形態」の欄です

 

雇用形態が派遣社員となっているのは派遣社員であり、期間工ではありません

 

期間工の場合は契約社員などと表記されている場合が主です

期間工.jp(アウトソーシング)は期間工のみの掲載となっていますが、期間工.jp(アウトソーシング)以外を見る時は注意してください

おすすめの派遣会社

1.まずは入社祝い金が一番高額な会社

2.次に入社祝い金が同額なら期間工専門の期間工.jp(アウトソーシング)、そして次に日総工産(工場求人ナビ)がおすすめです

コメント

タイトルとURLをコピーしました