期間工から正社員になりやすいポイントとメーカー3社を比較

 

期間工(期間従業員)を募集している自動車メーカーや部品メーカーは数多くあります、そして自動車関連のメーカーは大企業、東証一部上場企業と待遇の良い企業も揃っています

大企業に就職するには普通は大学新卒、高校新卒から就職活動を行い入社することが一般的です

しかし、一般的には知られていませんが、もう1つのルートとして期間工(期間従業員)の正社員登用制度があります

もちろん簡単に登用される制度はありませんが期間工という非正規から大企業の正社員へのルートがあり、その制度を利用して期間工から正社員になっている方も実際にいます

期間工から正社員になるには

製造業は大手メーカーとはいえ、昨今は人手不足の企業も多く、そのためもあって期間工から正社員への登用を進めている企業もあります

また期間工を募集するために正社員登用をアピールしてる企業サイトもあります

アイシンAW 公式 正社員へのステップアップインタビュー

豊田自動織機 公式 正社員登用者インタビュー

スバル 公式 期間従業員から正社員へ

ただ、期間工から正社員への登用は競争もあるので狭き門だと言えます

それじゃ、具体的にどのくらいの倍率なんだと思われるでしょう、

昨年10月、競争率10倍の試験を突破した。

引用元:期間工からトヨタ九州の登用試験を突破して正社員登用されたKさんの例

 

こちらはトヨタ自動車九州で期間工から正社員登用された方の詳細を報じた記事からの引用になります

企業によって違いはありますが、この程度10倍くらいの倍率と考えていた方がいいでしょう

勤務期間

正社員登用制度を採用しているメーカーの多くが正社員登用試験の受験資格の1つとして半年もしくは1年間の勤務期間を必要としています

この勤務期間は長いと感じる方もいるかもしれませんが本気で正社員登用狙いの方には重要な意味を持ちます

正社員登用試験自体は面接と筆記の1発試験になりますが、正社員登用試験までの勤務期間で他の競争相手に差を付けることが出来ます

当然、勤務態度つまり仕事に対する前向きな姿勢を現場の上司にチェックされていますし、それは正社員登用の参考にされます

例えばトヨタなどでは「創意工夫(カイゼン)」を提出することで数字として他の期間工より仕事に取り組んでいることがアピールできます

トヨタ伝統の「カイゼン」を7件提案した月もあった。
カイゼンの提案は期間従業員だった1年9カ月で20件近くに上った。

引用元:期間工からトヨタ九州の登用試験を突破して正社員登用されたKさんの例

 

正社員登用試験までの期間の創意工夫がゼロ件の期間工と20件の期間工なら当然、20件の期間工が有利です

このように正社員登用試験までの期間に本気で正社員登用を狙っている人はその本気度を存分にアピールすることが出来ます

ただデメリットとしては正社員登用だけが目的の人は正社員登用試験に落ちたらお金は貯まっているかもしれませんが、非正規の職歴が伸びるだけになります

職場でのコミュニケーション

期間工から正社員へなるには周囲とのコミュニケーションも大事です、仕事が早く出来るからといって周囲とコミュニケーションをとらないようではダメです

職場では作業が出来ることはもちろんですが、班(チーム)でグループとして仕事に取り組む協調性が大事です

自分の工程さえこなさされば良いだろうという考えでは期間工を続けるだけならそこまで問題ではありませんが、正社員登用を目指すのなら

現場ではその職場での作業に関すること、その職場での安全に関することなどで周囲と問題点をを共有して話し合い解決をする能力が求められます

良好な勤務態度

遅刻、早退、欠席を繰り返しているのもNGです

当たり前ですが遅刻、早退、欠席を繰り返している方は自己管理が出来てないと考えられても仕方ないです

上司の推薦をもらおう

正社員登用試験の受験資格の1つに上司の推薦を必要としているメーカーも多いです

勤務態度に問題が無ければ上司の推薦はとりあえずもらえることが多いです、試験を受けるここと自体は奨励している現場もありますから、です

ただ推薦の内容が違うことがあります

例えばスバルでは推薦でも勤務態度などの現場の評価(ABCランク)を添えた推薦になると言われています

一緒に働きたい人材

勤務態度などを見て来ましたが、共通していえるのは同じ職場で一緒に働きたいと思われる人材です

期間工は期間が定まっており、最長で2年11ヶ月でその職場を離れます、正社員になるとその班、組の上司と同僚と同じ職場で長年働くことになります

上司の立場で考えればわかると思いますが、一緒に同じ職場で働く長い付き合いになるかもしれない職場の人間には周囲との協調性があり、仕事も前向きに取り組んで欲しいと考えます

年齢制限はある?

年齢については特に制限を設けていない企業が多いです、またスバルのように「35歳以下」としているメーカーもあります

もちろん企業も成長して長く活躍してくれるのを期待するので若いほど有利です、なので「20代」が有利なのは事実としてあります

ただ30代、40代だと絶対に正社員登用が出来ないということではありません、実際に30代、40代で期間工から正社員になってる方もいます

学歴は必要ある?

学歴は必要ありません、中卒、高卒、大卒でも期間工として入社してからの勤務態度などが重要になります

現場で仕事を出来ることが重要です

期間工から正社員になる行動

正社員登用を本気で目指す方は上司などに「正社員を目指していること」をアピールしている方もいます

作業なども慣れてこの会社でやっていけると思ったなら、早めの段階で「正社員を目指している」ことを伝えるのです

周囲も「正社員を目指している」ことがわかればどういう行動が正社員登用へ近づくかアドバイスをくれたり、また同じく職場に期間工から正社員になった方がいれば話などを聞きましょう

ただし、伝えた以上は積極的にがんばりましょう、正社員登用を目指すと言いながら遅刻、欠勤を繰り返したりと勤務態度が悪いと印象が最悪です

正社員になりやすいメーカー

正社員登用制度がある企業でもその難易度は様々です、採用人数が少ないメーカー、採用人数が多いメーカー、採用人数が伸びているメーカー、そこで期間工から正社員になりやすい企業を紹介します

Aランク

アイシンAW

期間工から正社員への登用人数が他の企業に比べて断トツになります

2014年度は450名、2015年度は697名の方が、期間工から正社員へ採用された実績があり、さらに2018年度は750名の採用計画を発表しています

また正社員登用試験までの勤務期間を1年としているメーカーが多い中で、アイシンAWは半年(6ヶ月)としています

更に働いている期間工の年齢層も比較的に幅広いので30代、40代でも正社員登用されたという情報もあります

期間工としての待遇は若干トヨタに劣りますが、正社員登用を最大の目標にするならアイシンAWは最適です

>>アイシンAWの求人情報を見る<<

Bランク

トヨタ自動車

トヨタ自動車では2015年度~2017年度の3年間で1080名の正社員登用の実績があり、この3年間で1年に300名以上の正社員登用を行っています

正社員登用試験を受けるためには1年間の勤務期間が必要です

年齢に関しては20代が有利ですが、30代、40代でも正社員登用された方もいる情報があります

創意工夫を積極的に提案するなどでアピールすることができます

期間工としての待遇も6ヶ月以上で抜群なのでお金を貯めながら、日本を代表する大企業の正社員を目指すということも可能です

>>トヨタ自動車の求人情報を見る<<

スバル

スバルはこれまで年間100名程度の正社員登用を例年進めていましたが、2018年度には倍増の約200名の正社員登用を行いました

参考記事 スバル期間工の正社員登用人数の推移(最新2019年2月迄)

年齢に関しては35歳以下になり、1年以上の勤務期間が通例です

またトリム工程の出身者が正社員登用されやすい傾向があります

スバルも期間工としての待遇も抜群なのでお金を貯めながら、正社員を目指すということも可能です

>>スバルの求人情報を見る<<

期間工の基礎情報
【迷ったときはプロに相談】

どの期間工メーカーに行っていいのか分からない場合には、期間工を専門に扱っている派遣会社のプロに相談してみましょう

3850人利用(2018年度)と多くの期間工志望者が利用しています、またアウトソーシングから経由して応募して入社すると最大40万円(2019年10月)の入社祝い金などが支給されるメーカーもあります

「寮は絶対に個室が良い」

「車を持ち込めるメーカーが良い」

「女性向き、女子寮のあるメーカーが良い」

「面接から最短で何日程度で入社できるの?」

「AメーカーとBメーカーで迷っている」

など、あなたの条件を伝えて相談してみてください、あなたの条件にあった期間工メーカーを提案してくれます。

無料で登録(1分)できます、登録をして自分の条件を伝えてみましょう

登録無料・相談可能ページへ

募集中の期間工一覧

お問い合わせやご相談だけでも構いません。お気軽にご連絡ください。
メールでのご相談はプロに相談ページからご連絡ください。

参考 派遣会社を経由して直接雇用の期間工になる流れ、メリットとデメリットを解説

元トヨタ期間工の期間工攻略ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました