日野自動車で30代で期間工として半年間満了して思うこと

スポンサーリンク

現在日野自動車には、日野工場、羽村工場、新田工場、古賀工場があります。

東京にあるのが日野工場と羽村工場、群馬県にあるのが新田工場で、茨城県にあるのが古賀工場です。

期間従業員として働く際には日本各地で定期的に行われている面接を受ける必要があります。

詳細については公式のホームページで調べたり求人情報誌に記載されている電話番号に問い合わせればいつどこで面接が行われているかは簡単に知ることができます。

スポンサーリンク

日野自動車の期間従業員の面接の様子は?

面接に関してですが、30代の私が採用されるか不安はありましたが特に緊張などする必要なく、面接官も優しい口調や親しみやすい雰囲気で話してくださって、こちらからも質問しやすく、また丁寧に答えてくれます。

志望の動機には貯金と書いただけで、聞かれたときにもその旨を伝えましたが、後で配属された職場の他の期間従業員の方に聞いた限りでは、志望の動機は何か書いてあればとりあえずはいいのだと聞きました。

日野自動車での寮生活

私は群馬県の新田工場に配属になり寮に入りましたが、寮の環境はそれほど悪くはなかったです。

六畳間の一人部屋で床面には畳が敷いてあり、押し入れに布団があって物を収納できるスペースもあり、部屋にも洗濯物が干せるようにロープが張ってあったりと、単身で貯金目的で働くうえでは特に不満は感じません。

隣の部屋からの音漏れに関してもそれほどひどくはなく、住人が40代の方がメインで周囲への配慮をしっかりしてくれる人が多かったので、私自身も気を付けるようにしていました。

インターネットに関しては寮の管理人に相談すれば固定回線での回線を個人で申し込んで利用が可能で、休日は大抵インターネットで動画を見たりして過ごしていました。

寮が工場近くにあるせいか、田舎なので特にこれといった遊べるような場所や歓楽街などは無く、コンビニが近くに二軒、スーパーが一軒あり食料の調達や日用品の調達はできなくはないです。

期間工の仕事はどれくらいで慣れた?

赴任当初は仕事に対してきついイメージが強かったですが、二週間の教育期間できちんと教育してくれて、ひと月経つ頃にはだいぶ慣れます。

エンジンに取り付ける部品を、小さな部品を沢山組み合わせてライン作業者へと渡す仕事をしていましたが、職場の正社員の方達も気さくな人や優しく教えてくれる人が多く、

期間従業員の方たちも40代の方が多く、20代の若者もそれなりにいましたが、みんな優しい方達ばかりで働く際にとても仕事がしやすかったです。

給料に関しては月に大体手取り25万円ぐらいで、半年間で50万円ほど貯金する事ができました。

半年間の期間工生活を満了しての感想

日野自動車新田工場は、基本的に温和な人が多くて人間関係に対する嫌な思いはしなかったので、働きやすかったのは良かったのですが、細かいルールが多かったのが多少嫌に感じました。

それでも短期間での貯金はできましたし、初めて製造業で働く方や遠方から見知らぬ土地で働く方にとってはお勧めの環境だと思います。

日野の入社祝い金などの特典を見てみる→日野

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
期間工になる目的の1つにお金が貯めたい
というのがあります。
期間工は寮費、水道光熱費が無料の場合が
ほとんどで生活費が1人暮らしなど…
静岡県の富士市にあるジヤトコ株式会社という会社です。
派遣元での紹介で直接雇用の契約社員として勤務しました。
最初に研修があり私は初日に…
実は派遣会社というのは派遣社員だけを紹介しているわけではありません、
派遣会社を通して期間従業員の面接を受ける方法もあります。
なぜなら…
スポンサーリンク
最大40万円のお祝い金をプレゼントしてもらえるメーカーも! 提携メーカーも多く、お祝い金をもらえるメーカーも多くあります。