6ヶ月間で100万円の貯金を達成した節約術、トヨタ期間工

スポンサーリンク

30代前半の時にトヨタ自動車で6ヶ月間、

期間工として働いていました

スポンサーリンク

志望動機はお金を貯めたいと書きました

転職までの生活費と転職活動での資金のために
今後の人生設計のスタートにまずお金を一定額貯めたい

などといったまとまったお金が
短期でほしいということを中心に記入しました。

面接では仕事がキツいことを念押しされる

個別の面接で主に仕事がキツイことを念押しされました。

後は場所や待遇は一切選ぶことができないことなど確認されました。

志望動機や得意なこと、
過去の期間工や製造業の経験などを素直に答えていくものでした。

後は仕事をするにあたってどんなことに気を付けるかや、
借金の有無がありました。

終始なごやかで気軽に質問等しても
本当のことをすぐ答えてくれていました。

気になる給料は

月収は額面で25~30万円です。

そこから約3.5万円社会保険で引かれていました。

半年間の額面総額は約220万円でした。

期間満了で退職しましたので満了金が含まれています。

最終的に期間満了金の約40万円を含め
半年間で約100万円の貯金ができました。

月平均で10万円です。

疲れるのでお金をあまり使いませんでした。

ライン作業も慣れる

組立でライン作業でした。

主にインパクトレンチなどを使用して
4~5か所ぐらいのボルト・ナットの締め付けです。

その他にワイヤーハーネスのクリップを止めたり、
コネクタの結合などが1~2か所です。

1か月でミスしながら、なんとか時間内で終わらせるぐらいです。

3か月で、ほぼミスなしで作業することができるようになりました。

意外と40代の人も多かった

班の中に積極的に係る人や、面倒を見てくれる人も多いですが、
本当に一度も話さない人もいました。

社員の方は、仕事上上手くやっていくという感じがあるので、
トラブルにはなりません。

私の部署は年配の方が多いところだったので、
30代前半でも若いほうでした。

全体では20代後半から40代前半が多かった気がします。

寮はハズレ寮になってしまった

最悪でした。通称タコ部屋ではずれの寮でしたので部屋、
トイレ、風呂、食堂すべての場所が汚かったです。

敷地内及び近郊の路上にたばこの吸い殻、
ゴミなどポイ捨てが当たり前でカルチャーショックをうけます。

また、夜中に外で大声をだす酔っ払いが何度かいました。

最初の頃はとにかく疲れをとるため寝ていました。

慣れてくると息抜きに同僚と食事に行ったり、
名古屋まで観光や買い物に出かけていました。

後は資格試験の勉強や転職活動をしていました。

最初の時期は格安シムのLTEデータ通信でしたが、
途中でwimaxの契約をしました。

トヨタで期間工をやって良かったこと、悪かったこと

良かったことは、
とても簡単に採用される割に高給なことです。

悪かったことは、食堂や近隣商店などすべてにおいて
料金が高いので節約を意識しないとお金がすぐなくなります。

短期間で稼ぐには最高の待遇だと思います。

会社がいつでも切り捨てられるように、
こちらも次の踏み台にすることに何の躊躇もありません。

割り切って稼ぐには良い環境ではないでしょうか。