派遣社員で入社祝い金のある自動車工場に応募しました(20代男性)

この記事の内容

・自動車工場の派遣社員の仕事につくまでの流れ

・入社祝い金

・年齢層

 

今回は派遣でシール貼りをしていたけど、もっと高収入な自動車工場の派遣社員に応募した男性の体験談です

自動車工場の派遣社員として働いて入社祝い金ももらえたそうです。

 

私は派遣社員として働いていた期間が長期間あり、シール貼りなど単純作業をしていたのですが、以前から興味のあった工場での派遣の仕事を探していました。

担当の方にそれを話したところ、調度いいお仕事があるということで紹介してもらいました。

スポンサーリンク

現在募集しているメーカーはどこ?

チェックしてみよう

日総工産を利用して応募しました

日総工産株式会社という派遣会社から派遣先のメーカーを紹介して頂きました。

私は自動車工場で6ヶ月間派遣社員として働いていました

面接時はラフな格好で良いと聞いていたので、デニムに灰色のシャツで行きました。

履歴書のにはとにかく単純作業が得意なこと、この仕事に憧れがあることを書き、忍耐力があることを言いました。

面接で聞かれたのは、続けられそうか、今までの経験はどんなものがあるかなどです。

面接で特に気を付けていたのは、受け答えをハキハキと話すこと、熱意を全面に押し出すことです。

入社祝い金をもらえました

入社祝い金は20万円でした。

個人的には使っちゃう分がが多かったので、貯金しなかったです

部品の組付けと、不良品のチェックを主にしていました。

仕事自体は非常に簡単だったので一か月もあれば覚えられました。

派遣社員も入社祝い金がある場合がありますね

 

派遣は40代、50代の方もいました

年齢層は40代から50代の方がほとんどで、私のように20代で働いている人はごく少数でした。

休日は趣味に没頭していました。

サッカー観戦と映画鑑賞が趣味なので、そればかりに時間を使っていました。

ただ、疲れが溜まっている時や、動く気力がない時は、一日中ゴロゴロと寝ている日もありました。寮費は無料だったので良心的だと思います。

働いて良かった点は作業が簡単なので、覚えるのが苦手な人でも安心して始められるところです。

悪かった点は、人間関係がギスギスしているところと、仕事に体力が削られ、ストレスが溜まるところです。

意外と年齢層が高かったですね

 

少し運動をしておくといいかも

体力のない方には厳しいかもしれません。

私がアドバイスできることは、軽い気持ちで始めるのではなく、しっかりと情報収集をして、経験者の体験談を聞いき、それでも始めたいなら始めるという風に決意を持って始めることです。

運動不足の方は体力をつけるために予め筋トレやランニングをすることをおすすめします。

・40代、50代の方もいました

・入社祝い金がもらえました

・1ヵ月で仕事に慣れました

コメント

タイトルとURLをコピーしました