【初心者】派遣会社(アウトソーシング・期間工.jp)を経由して期間工になるには、流れを解説

 

期間工の最大手の派遣会社の「期間工.jp(アウトソーシング)」は3850名(2018年度)もの方が利用して期間工に内定しています

期間工.jp(アウトソーシング)

まず、期間工になるには2つの方法があります

1.メーカーに直接応募する

2.派遣会社を経由して期間工に応募する

この2つの方法のそれぞれのメリットとデメリットは

1.メーカーに直接応募する

メリット・・・面接をすぐに受けられる

デメリット・・・派遣会社からの入社祝い金をもらえない

 

2.派遣会社を経由して期間工に応募する

メリット・・・派遣会社からの入社祝い金をもらえる

デメリット・・・派遣会社との面談を行ってからメーカーの面接を受ける

 

つまり

メーカーに直接応募する場合と派遣会社を経由して期間工に応募する場合の流れの違いは以下になります

【直接】 メーカーの面接→期間工

【派遣会社経由】 派遣会社との面談→メーカーの面接→期間工

要するに派遣会社を経由して期間工に応募する方法では「派遣会社との面談」の手間が1つ増えるということになります


それでは派遣会社との面談とは何でしょう

派遣会社との面談とは(アウトソーシングの例)・・・

面談を通じて過去の職歴やあなたの希望条件をお伺いしたり、基本的な作業適性や募集企業の基準を満たしているかなどの確認をさせていただきます。

不安に思っていることやご相談、ご質問もお答えしますので安心してお越しください。

・1時間程度の面談

・履歴書の提出

・エントリーシートの記入(過去の職歴などのチェック)

・簡単なカウンセリング(疑問に思っていることを確認しよう)

・メーカーの面接日の予約

つまり

この1時間程度の手間が派遣会社を経由して期間工に応募する場合のデメリットになります


アウトソーシング(期間工.jp)の営業所・拠点一覧

北海道
札幌採用センター
千歳営業所

東北
庄内営業所
仙台営業所

甲信越・北陸
富山営業所
長岡営業所
金沢採用センター

関東
群馬営業所
茨城営業所
さいたま営業所
千葉営業所
横浜営業所
宇都宮採用センター
さいたま採用センター
新宿採用センター
横浜採用センター

東海
富士営業所
静岡営業所
浜松営業所
刈谷営業所
四日市営業所
一宮営業所
豊橋営業所
名古屋採用センター
岡崎採用センター
四日市採用センター

近畿
滋賀営業所
福知山営業所
大阪営業所
大阪採用センター

中国・四国
広島営業所
広島採用センター
岡山採用センター

九州・沖縄
福岡営業所
福岡採用センター
小倉採用センター
熊本採用センター
沖縄採用センター

 

最大手のアウトソーシング(期間工.jp)は全国に営業所がありますからあなたの住んでいる最寄りの地域で面談を受けることができます

また営業所から遠い場合でも

お住まいに最も近い当社営業所、または公共施設を利用した出張面接会等へご案内します。

まずは気軽に問い合わせてみましょう


派遣会社からの入社祝い金

派遣会社からの入社祝い金とは

例えばトヨタなら「入社祝い金等40万円」となっています(2020年1月7日現在)

実はこの40万円は以下のように分解されます

45万円
選考会参加(7万円)
派遣会社からの入社祝い金(23万円)
メーカーの入社祝い金(特別手当)(10万円)

この「選考会参加(7万円)+派遣会社からの入社祝い金(23万円)」が派遣会社を経由して期間工になった場合に派遣会社からもらえます

まとめると

直接・・・10万円

派遣会社経由・・・40万円

 

となります

このようにもらえるお金があるので多くの方が派遣会社を経由して期間工に応募しています

期間工の最大手の派遣会社の「期間工.jp(アウトソーシング)」は3850名(2018年度)もの方が利用して期間工に内定しています

もちろん派遣会社を経由しても面接等で不利になることはありません

派遣会社を経由して期間工になるまでの流れ

期間工.jp(アウトソーシング)

アウトソーシングを経由して日産自動車の期間工になったAさん

入社までの流れ

期間工.jp のサイトを開く

無料登録する

翌日、メーカーに応募面接の予約をする

さらに3日後 、アウトソーシング社との面談

メーカーとの面接

合格してメーカーの工場に赴任

入社して1ヶ月後、入社祝い金が振り込まれました

アウトソーシングを利用して良かった点、いまいちだった点

良かった点は、電話で無料相談に応じてくれたことです。

自動車の組み立て工場で働いたことがなかったため、未経験者でも問題ないか相談したところ、即座に問題ないと回答してくれました。

自分でも問題なく仕事をすることができると自信を持つことができました。

一方、不満に思った点は、アウトソーシング社はできるだけ効率的に、応募者をメーカーに送り込むことを第一に考えているのではないかと思わされたことです。

それは、アウトソーシング社との面接で「やる気を見せないとメーカーの面接では通りませんよ」と言われたり、「明るくコミュニケーションをとれたほうがいい」とアドバイスされたためでした。

つまり、面接というよりは、メーカーとの面接試験を突破するためのアドバイスのような印象を受けたのでした。

なお、これから期間工.jpを利用される方へのアドバイスとしては、期間工の求人案件を豊富にそろえており、人手不足の状況のようですので、意欲的な方ならば誰でも採用されると思います。

気軽に応募をされても、問題視されることはありません。

そして、初心者の方に対しては、的確にアドバイスをしてくれますので心配する必要はありません。

派遣会社を経由して期間工になるには、まとめ

派遣会社との面談分の手間が苦じゃないなら

派遣会社を経由して期間工に応募してもいいのではないでしょうか

どうせ同じ期間工になるなら、お金がもらえるお得な方が良いでしょう

お金を貯める、ためと割り切って3ヶ月や6ヶ月期間工になる

ウェブからの予約(連絡先と希望メーカーを入力する)

または

チャットでも応募できますので

今は〇〇の期間工の求人状況どうなっていますか、という感じで気軽に相談してみるのも良いでしょう

期間工の最大手の派遣会社の「期間工.jp(アウトソーシング)」は3850名(2018年度)もの方が利用して期間工に内定しています

>>期間工.jp(アウトソーシング)を見てみる<<

コメント

タイトルとURLをコピーしました