トヨタグループ、期間工1000人超を正社員に登用

トヨタ自動車と系列企業が工場の現場で働く期間従業員の正社員への登用を拡大している。
2016年度の10社の計画は1千人を超え、直近5年間で最多となる。

少子高齢化が進み、有効求人倍率はバブル期並みに上昇している。
生産年齢人口が減少していくなか、

長期的な技能伝承を見据え、
優れた期間従業員の力をグループに取り込む。

引用元:期間工1000人超、正社員に 日本経済新聞

トヨタ自動車とトヨタ系列会社のトヨタグループでの
期間従業員を正社員として登用する計画が拡大してるようです。

2016年度のトヨタグループ10社の期間従業員の正社員登用計画は、

1000人を超える模様です。

スポンサーリンク

生産年齢人口の減少

生産年齢とは15歳~64歳の年齢層を指します。

少子高齢化が進み、生産年齢人口が減少し

有効求人倍率が上昇してるのでトヨタグループとしても、
現場の人員確保に乗り出してるのがうかがえます。

有効求人倍率もバブル並みに上昇し、製造業に限らず
各企業が人員の確保にやっきになっている状況です

もちろん、希望すれば正社員登用されるというわけではなく、
正社員登用試験に合格しなければなりません。

ホンダ、スバルなど他社でも期間従業員を正社員登用する、動きも
ありますが、トヨタグループが現在では最も積極的なのではないでしょうか。

派遣会社を経由して期間従業員になるとお得!?
派遣会社を経由して期間工になるとお得!?
実は派遣会社というのは派遣社員だけを紹介しているわけではありません、
派遣会社を通して期間従業員の面接を受ける方法もあります。
なぜなら…
スポンサーリンク

シェアする

フォローする