トヨタ、期間従業員の日給を150円引き上げ

トヨタの回答によりますと、労働組合が月額3000円を要求したベースアップについては、
1300円としたうえで、子どもがいる従業員に対する手当てを拡充する分を1100円上乗せし、
合わせて月額2400円の賃金改善を行うとしています。

ベースアップの実施は4年連続です。

またボーナスは、7年連続の満額回答となる6.3か月分で、
額にして平均で230万円となっています。

一方、非正規の従業員である期間従業員の賃金については、
1日当たり150円、月額でおよそ3000円引き上げます。

組合側はこうした回答を受け入れ、トヨタの労使交渉は妥結しました。

引用元:トヨタ 子育て手当て拡充含め月額2400円の改善で妥結

トヨタ自動車は2017年の春闘において労使交渉の結果、
期間従業員の日給を引きあげることに決定しました。

トヨタ期間従業員の日給を1日当たり150円、
月額にして3000円程度の引き上げになります。

これでトヨタ自動車は期間従業員の日給を4年連続
引きあげたことになります。

スポンサーリンク

トヨタ期間従業員の日給150円上昇

トヨタ自動車が期間従業員の日給を引きあげることが
決定したことにより、こう変わります

これまで

1年目 はじめて 9,650円
6~12ヵ月満了で2回目 10,150円
6~12ヵ月満了で3回以上 10,450円
2年目 10650円
3年目 10950円

※経験者で18~24ヵ月満了の方 10,650円からスタート

※経験者で30~35ヵ月満了の方 10,950円からスタート

これから(4月以降)

1年目 はじめて 9,800円
6~12ヵ月満了で2回目 10,300円
6~12ヵ月満了で3回以上 10,600円
2年目 10,800円
3年目 11,100円

※経験者で18~24ヵ月満了の方 10,800円からスタート

※経験者で30~35ヵ月満了の方 11,100円からスタート

トヨタの期間従業員は数ある会社の期間従業員の中では珍しく
一部の期間従業員(シニア期間従業員)が労働組合に入っています。

そのため春闘により期間従業員の待遇改善が労働組合から要求され、
労使間の交渉の結果、日給などの待遇が上がる場合があります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする