期間従業員の獲得競争、特典の慰労金に200万円超

現在の人手不足の状況を背景に各メーカー、自動車会社の期間従業員の獲得競争が激しくなっています

有期契約で働く期間工やパートタイマーの募集で、慰労金など特典を積み増す動きが過熱している。

満期の2年11カ月をフルに働けば、給与以外で最高227万円を支払う自動車メーカーも登場した。

採用難が深刻化するなか、キャリア開発や福利厚生など金銭以外の魅力をアピールする動きも出始めた。

引用元:期間従業員 特典で呼ぶ 慰労金に200万円超も…競争過熱 採用難で各社知恵絞る

期間従業員は通常の給料があり、そして寮費それから水道光熱費が無料でお金が貯まりやすいのは有名です

そして現在は人手不足であることもあいまってトヨタ自動車、日野自動車、スバルその他各自動車メーカーによる期間従業員の獲得競争により特典(通常の給料以外の臨時的な収入)が増えています

特典としては、入社祝い金、早期赴任手当、満了慰労金、皆勤手当など様々です(各企業により違いあり)

スポンサーリンク

入社祝い金の仕組み

満了金や報奨金、皆勤手当ては以前からありましたが、最近は入社祝い金が増額されているケースが多いです

なぜ、入社祝い金の増額が増えているのか、もちろん人手不足が背景にあります

企業としては求人サイトに1人採用当たりお金を払います

求人サイトはそのお金のうちいくらかを採用された期間従業員に払います

それぞれのメリットとしては企業は採用された人数分だけ支払えばいいので求人広告費の削減、求人サイトは入社祝い金を目玉に募集しやすい、期間従業員は臨時収入が増えるということになります

またそれぞれ特典の金額には違いがあるので求人サイトから応募する時は確実に条件を確認してから応募するようにしましょう

スポンサーリンク

シェアする

フォローする