トヨタで期間工をしながら転職活動しその後、正社員になる

この記事の内容

・期間工をしながら転職活動をする

・満了日までに転職の目途をつける

・色んな選択肢を柔軟に考える

 

今回はトヨタで期間工として働きながら転職活動をして正社員になった男性(20代)の体験談です

男性はトヨタで期間工から正社員登用されるよりも、転職活動して他の企業で正社員を目指すことにして1年間の満了日を目途にして転職活動をしたそうです

 

トヨタの期間工として一年間の契約満期まで働きました。

期間工を辞めた理由は、予定していた貯金額に達し、さらに転職も決まったからです。

期間工は転職するまでのつなぎに利用

転職を考えたのは、私の場合は期間工から実際に正社員として登用されて働くことは難しいと感じ、転職したほうが正社員として働くことができると考えました。

そして、転職先には期間工の契約がもうすぐ切れるので、その時期からの入社を了承してもらっていたから満期まで務めることになり、契約満期と同時に転職をしました。

そうですね、正社員登用も目指せますが、もしあまり正社員登用人数が少なければ転職活動も行うのも良いですね

 

契約満了でトヨタ退社

退職については直接、上司に言いました。

休憩中に直接、上司に口頭で退職の旨について相談し、上司も快く了承してくれました。

手続きに関しては契約の満期ということもあり、通常の企業への退職届などはなく、トヨタの規約に準じて手続きを行いました。

給与は退職月に働いた分は通常の給与支払いと同様に翌月に振り込みになっており、退寮に関しても契約満期日に対処できるように荷物の整理をなどを退職するまでの間に徐々に行いました。

満了前に辞めようと考えている方は満了まで待ったほうが良いと考えます。

空白期間を作らない

その理由は幾つかあり、一つは職歴書に期間工の経歴を書く場合、契約途中に退職する場合と満了による退職の場合の印象が採用担当者に与える印象が大きく異なります。

契約満了のほうがしっかりと仕事を務めたという好印象を持たれるので、転職に有利になりやすいです。

契約期間があるので満了日はわかっていますからね

 

満了金をもらう

また、もう一つは契約満了時に退職金代わりの満了金が支払われます。

契約満了前に辞めると一切の支給が受けられません。

このため、満了まで働いたほうがお得になります。

退職日から逆算して転職活動

そして、契約期間がわかることによって転職するまでのスケジュールを逆算して作成することができ、

効率良く転職することができ、職歴の空白期間も防ぐことができます。

・期間工を転職までのつなぎに利用した

・満了日がわかっているので、逆算して転職活動

・空白期間を作らないようにした



トヨタの期間工募集ページを見る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました