【派遣と期間工】豊田自動織機の日給、時給、給料面の待遇を比較

期間工を募集しているメーカーによっては直接雇用の期間工(期間従業員)と派遣会社からの派遣社員の両方を募集している場合、それから時期があります

豊田自動織機でも期間工と派遣社員を両方募集している場合があります、そこで期間工と派遣社員の待遇を比較してどちらが自分に向いているの検討してみましょう(2020年1月20日調べ

また豊田自動織機の期間工の待遇については以下に詳しくまとめてあります、参考にしてください

※給料は繁忙期、もしくは閑散期に変動する可能性があります
※募集している工場や採用状況などは時期によって変わる可能性がありますので、必ず派遣会社等の募集要項を確認した上で応募してください。

豊田自動織機の期間工と派遣社員の待遇を比較

豊田自動織機の期間工と派遣社員の基本的な待遇をまずは表で簡単にまとめました、以下に詳しく1つ1つ解説していきます

 期間工派遣社員
勤務地会社が決定募集している工場
基本給日給1万円~時給1600円
月収例29万8100円以上可34万円
勤務体系基本2交替(稀に常昼も有り)2交替
満了金満了金
手当赴任、食事、特別、技能習熟手当食事補助 5000円/月
月4500円・ワンルームまたはシェア型無料・ワンルーム
契約期間6ヶ月更新3ヶ月更新
入社祝い金等20万円(2020年1月調べ)30万円(2020年1月調べ)

勤務地、工場について

豊田自動織機の期間工の配属先の工場

豊田自動織機の勤務地である工場は以下の工場になります

本社・刈谷工場 繊維機械、カーエアコン用コンプレッサー

大府工場 カーエアコン用コンプレッサー部品

長草工場 自動車

高浜工場 産業車両、物流システム機器

碧南工場 エンジン(自動車用・産業車両用)

東知多工場 鋳造品、エンジン

東浦工場 カーエアコン用コンプレッサー部品

安城工場 電子機器

見てもらってわかるように工場ごとに製造している物が違ってきます

長草工場などは普通に一般的な自動車の製造になり、また長草工場はきついと言われています

そして期間工の配属先の工場は会社が決定します

豊田自動織機の派遣社員の配属先の工場

一方で派遣社員は工場ごとに募集しているケースになるようです、以下の製造派遣の大手の日総工産(東証一部上場企業)で「豊田自動織機」と検索してください

工場求人ナビで求人情報を見る

碧南工場のみ募集しています(2020年1月現在)

つまり期間工はどの工場でどのような作業をするかは会社が決定するまでわかりませんが、派遣社員はある程度の作業内容は応募前に把握できます

絶対にきついのは嫌なら派遣会社の募集をしている工場から選ぶのも有りでしょう

基本給の日給、時給と月収について

豊田自動織機の期間工の2交代の勤務時間のパターンは2通りです

連続2交替・・・<1直>6:25~15:10<2直>16:05~翌0:50

昼夜2交替・・・<昼勤>8:00~16:50<夜勤>21:00~翌5:50

豊田自動織機の派遣社員の2交代の勤務時間のパターンは以下です

昼夜2交替・・・<昼勤>8:00~16:50<夜勤>21:00~翌5:50

工場が同じなら稼働している時間は同じですから工場ごとに勤務時間も同じになるでしょう

8時間50分、間に休憩が仮に1時間20分程度あるとして期間工は日給1万円、派遣社員は1万2千円(=時給1600円×7時間30分)になります

月収例に関しては条件によりますので

・期間工 29万8100円以上可 ※昼夜2交替勤務 稼働21日(昼勤11日、夜勤10日)+残業20H

・派遣社員 34万円※時給1600円×7.84h×20日+残業35.0h+深夜56.67h

比べても仕方のない面もあります

ただ単純に工場の一般的な定時勤務の時間である7時間30分で比べると派遣社員の方が1日の基本給は良くなるようです

但し、豊田自動織機の期間工の日給は契約更新毎に以下のように上昇します

豊田自動織機の期間工の日給

日給10,000円
契約更新1回目:日給10,300円(通算12ヶ月)
契約更新2回目:日給10,600円(通算18ヶ月)
契約更新3回目:日給10,900円(通算24ヶ月)
契約更新4回目:日給11,000円(通算30ヶ月)
契約更新5回目:日給11,300円(通算35ヶ月・2年11ヶ月)

満了金、手当について

豊田自動織機の派遣社員の手当

派遣社員の手当である食事補助は月額5000円なので

 3ヶ月満了6ヶ月満了
月額5000円1万5千円3万円

になります

それから交通費の支給がある場合もあります

豊田自動織機の期間工の手当

期間工の手当である赴任手当、食事手当は1回限りですが

食事手当赴任手当
2万円3万円

になります

特別手当

特別手当10万円支給されます

満了金

豊田自動織機の期間工の満了金に関しては

・満了慰労金は初回契約時900/日、契約更新後1,000円/日になります

・満了報奨金は10,000円/月になります

そしてまとめると満了慰労金と満了報奨金の総額は

・初回6ヶ月勤務で約16.98万円

・契約更新以降で約18.2万円

程度になります

技能習熟手当

豊田自動織機の期間工の特徴として「技能習熟手当」があります、技能習熟手当は初回の契約を更新するとその後毎月、技能習熟手当として2万5000円が支給されます。

つまり7ヶ月目の給料から技能習熟手当2万5000円が付くことになります、2万5000円は退社するまでずっと支給されます

その他にも入寮者には長期連休帰省旅費支給、ちゃんと満了した方には帰任旅費も支給されるようにやはり手当が良いのは期間工になります

寮、通勤について

豊田自動織機の派遣社員の寮

最寄り駅の碧南中央駅から徒歩15分圏内の派遣社員の寮は家電付きワンルームでずっと無料です、形態からして民間のアパートと貸し切っている可能性が高いでしょう

通勤に関しては徒歩、自転車、送迎車、電車、バイク、私有車が認められており、工場の駐車場は無料です

自動車の寮への持ち込みについては明記はありますせんので応募する時に確認しましょう

豊田自動織機の期間工の寮

豊田自動織機の期間工の寮は有料になります、月額4500円です、水道光熱費・寝具・冷暖房・テレビ・冷蔵庫 使用料込みです

またテレビ、冷蔵庫、冷暖房、寝具完備、入寮後すぐに生活を始めることができ、寮での食事代は朝食が1食150円で夕食は1食300円程度とかなり食費を抑えられるようです

3ヶ月6ヶ月
13500円27000円

寮はワンルーム、それから集合寮で1人の個室を割り当てるタイプが混在しています、一応は1人1部屋の個室になります

トイレや浴室は共有スペースにあるので、共同で利用することになります。

寮への自動車、バイク、自転車の持ち込みついては禁止になり、通勤は送迎バスによる通勤になります

契約期間、更新について

派遣社員の契約期間

派遣社員の契約期間は3ヶ月毎の更新になります

契約期間を3ヶ月で細かく更新できる利点としては1.最短の3ヶ月で契約期間を満了できる2.自分の辞めたい時期に比較的に辞めれる

期間工は6ヶ月毎の更新になりますので最初の契約した時点で6ヶ月の契約期間は期間工を続けることになります、また1回更新すると更に6ヶ月間になります

期間工は満了金などをもらうためにはちゃんと期間満了することが必要となります

期間工の契約期間

豊田自動織機の期間工の契約期間は6ヶ月毎の更新になります

期間工が満了金などをちゃんともらうためには契約期間をちゃんと働いて期間満了する必要があります

契約期間が長いことのメリットとしては1.いちいち短期間で更新の確認をされるわずらわしさが無い2.6ヶ月間、半年は雇用されている状態が保障される

期間従業員の契約期間のクビと更新不可

たまに勘違いされている方もいますが、不況のリーマンショックで突然に期間工はクビになったなどはありません、契約期間中は期間工は突然クビになることはありません

例えば大不況が急に来て工場の稼働が下がり暇になっても、契約期間は契約をしている期間ですから、次の更新で更新が不可になることはあっても契約期間の満了までは続けることが出来ます

入社祝い金等について

入社祝い金等は時期によって変動する可能性があります、派遣社員の入社祝い金については日総工産の「工場求人ナビ」で「豊田自動織機」で検索してください

期間工については「豊田自動織機の期間工の求人情報を見る」から確認してください

工場求人ナビで求人情報を見る

豊田自動車織機の期間工の求人情報を見る

入社祝い金等は変動する可能性がありますので最新の情報をリンク先などから確認しましょう

豊田自動織機の期間工と派遣社員の比較まとめ

豊田自動織機の期間工と派遣社員の待遇をまとめて比較してきました。

どちらかが良いかというのはその方の状況にもよりますが、いくつかのポイントをまとめます

基本給である日給、時給で期間工は日給1万円、派遣社員は1万2千円(=時給1600円×7時間30分)でした

2000円の差は月20日の出勤日数と考えると2000円×20日=4万円、おそらく約4万円~程度は派遣社員の方が月給が良いでしょう

これは3ヶ月なら12万円6ヶ月なら24万円になります

一方で手当として期間工は満了金が有ります、6ヶ月勤務で約16.98万円になります、そしてその他の食事手当、赴任手当それから帰任旅費などの手当を考えると

6ヶ月満了なら派遣社員と期間工では正直そこまで明確な金額の差は無いように思えます、ただ6ヶ月以上になると日給が上昇、満了金も若干上昇、技能習熟手当が付く期間工が有利になってきます

以上をまとめると

派遣社員に向いてる方は

・3ヶ月しかやらない

・期間工より採用されやすい派遣社員で6ヶ月だけ働く

・工場を選びたい

期間工に向いてる方は

・期間工をやる期間を特に決めてない

・6ヶ月期間工をやって、良ければ6ヶ月の契約期間以降も続けるかもしれない

・期間工経験者の実績が欲しい(期間工経験者であれば、今後他のメーカーの期間工へ応募する時は有利)

あくまでも期間工の入社祝い金+特別手当、派遣社員の入社祝い金の金額が同じ程度の場合の状況になりますので

入社祝い金などは変動したりします、また派遣社員の募集している工場も変わる場合がありますので

これまでの比較を参考にして最新の入社祝い金、募集している工場などを加味して自分に合っている応募をしましょう

工場求人ナビで求人情報を見る

工場求人ナビで「豊田自動織機」で検索

豊田自動車織機の期間工の求人情報を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました