【副業】Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達して稼ぐ方法

今回は副業としてと土日などにUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして稼いでる男性の体験談です

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは自分のやりたい時間に自由に稼働することが出来るので副業としては優れていると思うそうです。

 

時間が空いてる時に副業としてウーバーイーツ配達パートナーとして稼働しています。

ウーバーイーツのサービス提供エリアの多くは月曜から日曜日まで9:00~24:00が営業時間なので、その中で自分に都合の良い時に稼働出来るので自由度は高いです。(一部地域では8:00~25:00)

スポンサーリンク

現在募集しているメーカーはどこ?

チェックしてみよう

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録

Uber Eatsの配達パートナーをやろうとした動機は空いた時間を利用できるからです、例えば土日などの休日に3~4時間何もしない時間があったならそれをお金に出来ないかと思いました。

また夜も24時まで稼働可能なので21時過ぎにちょっと稼働してお金を稼ぐことも出来ます。

他の仕事やアルバイトとも兼任出来て副業として最適です。

そしてやりたくない時、辞めたい時はただ稼働しなければ良いだけなので非常に使い勝手が良いです。

登録から稼働まで

Uber Eatsの配達パートナーの登録は非常に簡単でシステマティックになっていました。

まず登録するためのUber Eatsのサイトで必要事項を記入します、そして登録が完了するとメールで面談の場所を指定してきます。

面談とは言ってもUber Eatsの仕組み、アプリの使い方、配達バックの受取りだけで、不採用とかは日本語が話せないとかでなければほぼ大丈夫なようです。

私もただ指定の配達パートナーセンターに行って説明を受けて、バックを受け取り、すぐに配達パートナーとして稼ぐことが可能になりました。

面談の時間は30分程度でした。

Uber Eatsの配達パートナーの仕事内容は

Uber Eatsの配達パートナーの仕事内容は基本的に料理をお店から受け取り、注文者に渡すということになります。

稼働したい時にアプリを「ON」にします、そして注文が鳴ったらレストランなどの店舗に料理を取りに行きます、料理を受け取ったら注文者に届けにいきます。

このようにあアプリのマップ上に店舗、注文者の位置と自分の位置がリアルタイムで表示されますから

出来るだけ最適なルートを通って目的地に行きます。

単純と言えば単純な仕事です、行く場所がマップ上に表示されるので、マップ上の目的地に行くそれを繰り返してこなしていくだけです。

収入について

最初にも書いたように月曜日から日曜日の9:00~24:00までの時間でどれだけやるかにかかります。

そして専業の方から副業の方までいます。

また自転車(ママチャリからロードバイクまで)でしてる方、それから原付バイクでしている方もいます。

Uber Eatsの配達パートナーの報酬は配送基本料それから配送基本料とは別にインセンティブ(ブースト、クエスト、ピーク料金など)もあります。

クエストとはこのように配達回数をこなすと配送基本料とは別にインセンティブとして収入をもらえる仕組みです。

またウーバーイーツ配達パートナーの収入の振込は週単位です。

年齢層

Uber Eatsの配達パートナーとして稼働している方の年齢層は様々です。

条件としては18歳以上なら可能です。

学生の方、主婦の方、会社員の副業、それから見た感じ50代くらいの方までいます。

マップ上に表示された位置まで配達するだけなので、ある意味幅広い年齢の方が稼働して稼ぐことが可能です。

専業について

個人的にはウーバーイーツ配達パートナーの専業はあまりおすすめしません。

それは報酬体系をUber Eatsが一方的に決めるので、稼げなくなる可能性もあるからです。

もちろん専業として求職期間中など無職の時に稼ぎまくるのは有り、だと思いますがずっとウーバーイーツ配達パートナーで食べて行くとのはおすすめしません。

配達パートナーに向いている人

空き時間などを利用して収入を増やしたい方に向いています。

月曜日から日曜日の9:00~24:00の間に隙間時間、無駄な時間があるなという方が副業として月々の収入を上積みして家計の足しなどに出来ます

また求職する間のつなぎにももちろん利用出来ます

・仕事内容は基本的に単純

・報酬は週払い

・比較的に年齢層は幅広い

Uber Eats配達パートナーについてもっと詳しく見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました