期間工ではなく無期雇用派遣で自動車関係の工場で1年以上働いて続けています

この記事の内容

・貯金が出来るのか

・職場の様子

・寮生活の様子

 

今回は日総工産の技能社員(無期雇用派遣)として1年以上働いている30代の男性の体験談です。

派遣から無期雇用派遣に移り、自分に合っていたので今も続けているそうです

 

もともと派遣社員として働いていたのですが、その時に無期雇用派遣という派遣社員とは違い安定して稼げるようになる形がある働きませんか?という話をいただいたからです。

それまではそのようなことができるとは知りませんでしたし、派遣社員として働いてお金を稼ごうと考えていました。

※入社祝い金、待遇などは変更される場合があります、最新の情報は求人情報で確認してください。

最新の入社祝い金のまとめて確認はこちらから大手メーカーの期間工・期間従業員専門の求人専門情報サイト

PEOもしくは無期雇用派遣 になるまでの手順はどういう流れでしたか?

無期雇用派遣を始める前に別のところで派遣社員としては働いていましたが、そこの派遣期間が終了するために別のところに移ることになっており探してほしいとお願いをしていました。

そういうタイミングで新しい派遣先があり大事なスタート要員となるために全国の中で派遣先を探している人でそれまでの勤務態度などがよく休んでいない人を探しているということでした。

幸い私はその派遣先で勤務態度よかったということで声をかけてもらいました。

それから日総工産の技能社員(無期雇用派遣社員)として1年以上働いています

1年間で100万円くらい貯まりました

月の給料の他にボーナスがありました

貯金は1年間で100万くらいは貯まりました

無期雇用派遣(技能社員)にはボーナスがあるんですね、支給日は嬉しいですね

 

自動車関係の工場に派遣されています

自動車の部品を作っている工場なのですが、その中でトルクコンバーターやクラッチを鋳物から作っているところになります。

その中で鋳物になったもののバリ取りをしていました。

グラインダーで削ったり、ハンマーでたたいたりしてバリを落とす作業を中心に磁気探査にかけて異物が混入していないかなどを調べていました。

仕事に慣れるには2ヶ月くらいかかりました。

グラインダーを使うために防塵マスク・眼鏡などを着用しての作業になりますので、まずそれに慣れるのに時間がかかり、何かを取り付けるというものではなく、削る作業ですので感覚を養うまで時間がかかりました。

働いている人は20代から40代とバラバラでしたが、人間的にも常識がある人ばかりですし、特に困るようなことはなく穏やかな職場でした。

幅広い年齢層ですね

 

現在も無期雇用派遣として続けています

寮は普通のワンルームでしたが、生活家電などは揃っておりWi-Fiも使えましたので何不自由なく生活できました。

寮費は無料でしたので、まったくお金がかかりませんでした。

Wi-Fiが無料で使用できました。

PEOもしくは無期雇用派遣を続けていますか?

今も働いています。

無期雇用派遣のメリット

無期雇用派遣で働くメリットは雇用が保証されているということです。

働く場所が変わる可能性はあるにせよ、別のところで仕事があります。

そして、金銭面でも大きく違います。派遣でしたらお盆や正月の長期休暇は休めば給料でませんが、それに関係なく毎月給料が支給されて、残業があればそれはちゃんと支払ってもらえます。

そしてボーナスがありますので、大きな買い物もしやすくなりました。

無期雇用派遣のデメリット

デメリットはあえてあげるとすれば派遣社員のように簡単にやめることができないということです。

派遣社員であれば辞めたければいつでも大丈夫ですが、無期雇用派遣でしたら次の人を育成してからでないと辞めることが難しいです。

ただ、育っていれば大丈夫ではあります。

将来の事も考えてみる

派遣社員としてずっと働いていくということを考えている人であれば無期雇用派遣になることをおすすめします。

派遣社員でしたら年齢などで難しい職場もありますが、無期雇用派遣でしたら管理者ということで働くことも可能です。

短期的視野ではなく長期的に考えてみることをおすすめします。

・月の給料の他にボーナスがある

・1年間で100万円貯まった

・メリットとデメリットがある


期間工、技能社員(無期雇用派遣)の待遇を比較して見てみる

日総工産(工場求人ナビ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました