【期間工・派遣社員】入社祝い金 特集

【派遣社員】製造装置オペレーターの仕事をしながら求職活動

この記事の内容

・転職活動のつなぎに派遣社員を利用

・製造業のオペレーターの作業

・現場の年齢層

今回は派遣社員として製造装置オペレーターの仕事をしていた30代の男性の体験談です。

転職活動中のつなぎとして工場で派遣社員をしていたそうです。

30代の男性です、求職中で給与が他と比べ高く、勤務体系的に連休が多かったのが動機です。

派遣会社を利用して派遣社員として3年間働きました

転職活動のつなぎとして利用する方もいますね

スポンサーリンク

工場勤務の仕事

面接にはスーツで行きました。

履歴書にはコツコツとできる作業が得意な事や人と話す事が好き等のコミュニケーション能力適正を書きました。

面接では前職の話を聞かれ、工場での職務内容を質問しました。

言葉使いや仕草など丁寧な対応を心がけました。

製造装置オペレーターの作業内容

給料は月給20万円、入社祝い金10万円でした。

入社祝い金が出る派遣社員もありますね

半年で約10万円の貯金が出来ました。

製造装置オペレーターの仕事をしていました。

作業内容は製造しているパーツを装置の仕掛り確認→着工→加工完了後次装置へ着工ということをしていました。

1ヶ月程は教育期間として先輩に同行していましたので1ヶ月で慣れる事ができました。

男性ばかりと言うこともあり気兼ねなく概ね良好でした。

年齢層は20代~40代

同じ職場の年齢層は20~40代が多かったです。

幅広い年齢層ですね

工場の派遣社員の良かった点

良かった点は周りの職と比べて給与が高い点です。

夜勤もあったので当時としてはかなり高い水準でした。

就職活動

悪い点は工場での派遣社員なのでキャリア形成を考えると壊滅的である事、若くしてこの仕事を体験してしまうと人生設計を計画的に考えないと将来的な不安がある事です。

上にも書きましたが腰を据えて人生の終わりまでやれる仕事ではないです。

私も定職につけるまでの腰掛けイメージで入社しました。

きちんとした人生設計をもって働く事をおすすめします。

・製造装置オペレーターの仕事

・給料は比較的良い

・派遣社員なので将来が不安だった

コメント

タイトルとURLをコピーしました