期間工は30代、40代、50代で工場未経験でも採用される?男女おすすめのメーカー一覧まとめ

 

期間工を検討してる方で年齢が気になって応募をためらっている方もいるでしょう

またインターネットの口コミでは期間工で40代、50代で働いているなんて情報もあるけど実際にどのくらいの割合の40代、50代の期間工がいるのかなと疑問の方もいるでしょう

40代以上の期間工の割合

1つの例として参考になるのがマツダ自動車が公式で出している年代別の割合です

20代スタッフがやはり多いですね。でも、30代、40代の方もかなりの人数が活躍しています。なるほど、経験を積み、熟練の技術が必要な仕事を担当しているからか!と思われがちですが、実は未経験で入社される、30代、40代の方も多数いらっしゃいます。ちなみにマツダの工場では多くの工程で機械化が進められていますし、入社後は試用期間など、一定の教育や研修を受講したり、コーチ役の社員などが作業をレクチャーしていきます。どなたも安心してお仕事を始められます。

引用元:マツダ工場で働いている人の年齢層は?

 

40代以上の方が約20%です、30代以上とすると約50%になります

実際の現場に1000人期間工(期間従業員)が働いているとすると40代以上の方が200人、30%以上とすると500人になります(実際のマツダの期間工の人数は1500人程度と考えられます)

実際に40代以上の期間工の方が一定の割合で働いていることがわかります

それでは年齢と採用のポイントについて説明していきましょう

30代の場合

30代工場経験者の場合

30代で工場経験者ならどこのメーカーでも採用される可能性はあります

また工場経験者の中でも期間工経験者ならかなり採用される確率は高いでしょう

期間工を採用するメーカーが一番嫌がるのはバックレられることです、それなので1度経験して慣れてるであろう方は歓迎されます

>>最大40万円支給の期間工求人情報を見る<<

30代工場未経験者の場合

30代で工場未経験者は30代でも35歳以下と36歳以上で微妙に変わってくる可能性があります

35歳以下ならどこのメーカーでも年齢だけが落とされることはないでしょう、採用するかは本人のやる気などを採用の際のポイントにする比重が高いでしょう

36歳以上だと35歳以下より少し採用度が落ちるかもしれませんが、どこのメーカーでも面接を受けてみる価値はあります

また繁忙期や人手不足でメーカーが募集に必死になっている時期は30代でも40代でもザル状態なので採用される確率がかなり高くなります

>>最大40万円支給の期間工求人情報を見る<<

40代の場合

40代工場経験者の場合

30代と同じく40代で工場経験者ならどこのメーカーでも採用される可能性はあります

また工場経験者の中でも期間工経験者ならかなり採用される確率は高いでしょう

>>最大40万円支給の期間工求人情報を見る<<

40代工場未経験者の場合

40代で工場未経験者は40代でも45歳以下と46歳以上で違ってくるでしょう

45歳以下ならどこのメーカーでもとはなりませんが、比較的年齢層に幅があるメーカーなら採用される可能性はじゅうぶんにあります

46歳以上未経験者だと期間工は厳しい面もありますが、繁忙期など人手が足りていないメーカーなら可能性はあるでしょう

例えばヒントの手助けとなる求人情報にある年代が表示されている期間工募集のメーカーをまとめました

これは期間工の求人専門サイト期間工.jp(アウトソーシング)の求人情報から抜粋したものです

アウトソーシングは様々なメーカーを取り扱う期間工専門の求人サイトで2018年は3850人の内定実績と期間工を検討している方の多くが登録して利用しています

メーカー 
パジェロ製造20代~40代の男性
日産車体20代~40代の男性
日立建機20代~40代の男性
小松製作所茨城20代~40代の男性
ブリヂストン 関工場20代~40代の男性
  
スズキ20代~40代の男女
アイシン機工20代~40代の男女
シーヴイテック20代~40代の幅広い年齢の男女
canon 栃木20代〜40代の幅広い年齢の男女
canon 茨城20代〜40代の幅広い年齢の男女
太陽誘電ケミカルテクノロジー20代~40代の幅広い年齢の男女
イーグル工業20代~40代の幅広い年齢の男女
  
NTN岡山製作所20代~50代の男性
  
ジヤトコ20代~50代の男女
日産自動車座間工場20代~50代まで幅広い年齢の男女
住電装プラテック20代~50代の幅広い年齢の男女
コマツキャステックス20代~50代の男女
  
日産自動車九州30代~50代まで

 

期間工.jpはアウトソーシング(東証一部上場)の運営する期間工専門の求人サイトです

登録して専門家に聞くのが1番手っ取り早い?

例えばAメーカーを受けて落ちたとします、そしたら面接~面接の合否まで2週間、半月はかかるでしょう

何も情報が無いままそれを2社、3社と続けるとすごい時間のロスになります

期間工を専門に扱っている所なら色々な情報があるでしょう

今はどこのメーカーが熱心に集めているのか、過去の傾向から自分の経歴ならどこに採用される確率が高いのかの情報が個人よりも集まっているでしょう

3850名(2018年度)とたくさんの方が利用している

期間工.jp(アウトソーシング)

のサイトに登録(約1分で可能)してみて専門のコーディネーターに聞いてみるのも一つの手だと思います

個人1人であーでもないこーでもないと悩んで考え込むよりはマシだと思います

50代の場合

50代工場経験者の場合

50代でも50代前半と50代後半では違ってきますが50代前半なら働いてる方もいたという口コミもありますので可能でしょう

私が働いていた時は下は20代、上は50代までの期間工の人が同じくして勤務していました。

引用元:アイシンAWで期間工を1年間頑張る、とても良かった(20代男性)

 

それから上記の表のような表も参考にしてどこが採用される可能性が高いか期間工.jp(アウトソーシング)のサイトに登録(約1分で可能)してみてまずは専門のコーディネーターに相談してみましょう

50代工場未経験者の場合

50代で工場未経験者は可能性が全くないとは言えませんが、かなり採用の確率は低いでしょう

派遣会社に登録しておいて繁忙期に連絡が来ないともいえませんが、だいぶ可能性は低いです

もう少し軽めの仕事と幅広い職種と幅広い年齢層を扱っている派遣会社に登録してさがしてみるのもいいのではないでしょうか

工場求人ナビ

工場ワークス

またやはり体力が落ちてることもあるので労災の可能性もあります、50代未経験から期間工をやろうというやる気には頭が下がる思いですが、期間工より少し軽めの仕事も検討されることをすすめます

コメント

タイトルとURLをコピーしました